健康食品はサプリメントや医薬品と何が違うの?

ae24ec8394aed3c13b2101e7ddf544a7_s
気軽に不足しがちな栄養素を補うことができる健康食品。少し前までは、不摂生な生活を送っている方や偏食気味の方を中心に利用されていましたが、今では年齢や性別を問わず、幅広い世代で利用されています。特にここ数年のあいだで最も多くの世代で利用されているのが「ビタミンC」です。
ビタミンCには、免疫力を高めたり、コレステロール値を下げる働きだけではなく、メラニン色素の合成を抑えてシミやそばかすを防いだり、
たんぱく質からコラーゲンを合成してお肌にハリツヤを持たせるなどの働きがあります。本来ならば、1日に必要なビタミンCを食事で摂取することができれば良いのですが、ビタミンCは水溶性のビタミンのため、調理中に失われてしまうことが多く、ビタミンCを健康食品で摂取される方が多いようです。

ところで、ビタミンCなどの栄養素を補う健康食品として、最も利用されているのが「サプリメント」ですが、健康食品とサプリメントでは、
どのような違いがあるのかご存知ですか。

スポンサーリンク

続きを読む
1 / 3

関連記事一覧