【ペットロスは悪化する?】ペットロスの症状や解決方法まとめ

スポンサーリンク

ペットロスの意味とは?

2

ペットロスとは、ペットを亡くしたことによる喪失体験、またはその悲しみのことを意味します。最愛の人を亡くした時、喪失感や悲しみを感じますよね。それと同様に、最愛のペットを亡くしてしまった場合には誰しも起こりうる体験です。

ペットロスは、病気ではありません。しかし、ペットロスが悪化すれば、うつ病などの精神病、ストレスからくる体の病気にかかってしまう可能性は十分にあります。その場合、ペットロスではなく「ペットロス症候群」と呼ばれる場合があります。

スポンサーリンク

ペットロスになった時の主な4つの感情

トリミング

ペットロスになっている場合、主に1~4つの感情が起こると言われています。

怒り – ペットを助けられなかった医師や、死因に対する怒りの感情
罪悪感 – 怒りの対象が自分に向いている状態。死因が明確ではない場合に「ちゃんと世話できなかったせいだ」と感じてしまうケースが多い
否認 – ペットの死を認められない気持ち
抑うつ – 落ち込んで元気がない状態から、感情がマヒしてしまいハイになっている状態など様々

こうした感情は、簡単に克服することは簡単ではないでしょう。またこれらの感情の中には、家族として自分を受け入れてくれたペットを亡くしたことで、自分自身の居場所や心の拠りどころを失ってしまったことによる喪失感の可能性もあると言えます。

スポンサーリンク

ペットロスになった時の体の症状は?

3
ペットロスは、精神的な悲しみだけではなく体に症状が現れることもあります。主なペットロスの身体的な症状と言われているのは、以下の通りです。

・体が重い、疲れが取れない
・食欲がない
・腹痛や頭痛、肩こりなどの体調不良
・いつものように寝付けない
・ペットの姿を見たり、声や足音が聞こえる
・ペットの姿がフラッシュバックする

現れる症状には個人差がありますが、当てはまるものが多いとペットロスだと言えます。精神的な部分ではなく体にも症状が出てくる場合には、悪化しないよう周りの人を頼ったり、病院にかかるのも1つの手です。

スポンサーリンク

ペットロスを和らげるために

4
ペットロスは、克服しよう!と思って克服できるものではありません。ペットの死を受け入れるまでには、平均で10ヶ月ほどの時間がかかるとのデータもあります。ペットロスを克服するためには、時間が解決してくれる部分もあるでしょう。

そして、ペットの死を自分のせいにすることや、悲しみや罪悪感を1人で抱え込んでしまうことは、決して良くありません。誰かに気持ちを話したり、涙を流したり、素直に感情を表現していいのです。カウンセラーに話しを聞いてもらうことや、SNSに気持ちを投稿するのもいいでしょう。

気分転換に体を休めたり、好きなことを意識して行うと良いでしょう。また、お葬式をしたり、お墓を作ることで死を受け入れられるケースもあります。

スポンサーリンク

ペットロスの電話相談窓口があります

phone-499991_640
ペットを亡くした悲しみや、亡くしてしまった際に出てくる疑問点を聴いてくれる相談窓口があります(相談内容は窓口によります)。電話番号は公式サイトにあります。

・ペットラヴァーズ・ミーティング
公式サイト:https://goo.gl/f4aXoV
受付時間:毎週土曜 午後1時〜午後4時
料金:無料(通話料はかかります)

・かしわふれあい相談室
公式サイト:https://goo.gl/Hb5fru
受付時間:平日 午前10時〜午後9時
料金:お試し無料相談25分
対面カウンセリングは1名/45分で9,800円(税込)

・ペットロス110番
公式サイト:https://goo.gl/qKPAGd
受付時間:午前10時〜午後8時
料金:1回(約50分)5,000円

スポンサーリンク

続きを読む
2 / 3

関連記事一覧