吉岡里帆さんと川栄李奈さんのツーショットに「ぐうかわ!」の声

スポンサーリンク

ブレイク中の吉岡里帆さんってどんな人?


ドラマにCMに活躍中の吉岡里帆さんについて

現在、ドラマにCMに活躍中の吉岡里帆さん。あまり吉岡里帆さんについて知らない人のために、少し吉岡里帆さんについてご紹介したいと思います。吉岡里帆さんは、京都出身の25歳で、小さいころからカメラマンの父の影響を受けて育ち、映画や演劇、歌舞伎などさまざまな芸術に触れながら育ちました。

書道家になるために大学も書道コースがある大学に進学したものの、演劇への想いがつのり京都の大学で演劇をしながら東京にある養成所に演劇のレッスンに通っていたそうです。特技はもちろん書道ですが、それだけでなくアルトサックスも演奏することができます。

吉岡里帆さんは、動物が大好きで実家では猫5匹と犬1匹を買っているとのこと。動物と戯れている吉岡里帆さんを想像すると可愛すぎます!

吉岡里帆さんの主な出演作品

2013年にNHK朝の連ドラ「あまちゃん」、2015年に「マンゴーと赤い電車」で映画デビューを果たします。その年に踊る大捜査線の監督である本広克行監督の目に留まり映画「幕が上がる」に出演。そして、NHK朝の連ドラの「あさが来た」で主人公波瑠さん演じる”あさ”の親友”のぶちゃん”の役でレギュラーとして出演したことをきっかけに注目を集め始めます。

2016年には宮藤官九郎さんのドラマ「ゆとりですがなにか」で民法での連ドラ初レギュラー出演を果たし、その後「死幣ーDEATH CASHー」、「メディカルダヴィンチの診断」、「カルテット」にレギュラー出演。

さらに、2018年1月には「きみが心に棲みついた」で連ドラ初主演を果たしました。

スポンサーリンク

川栄李奈さんてどんな人?


元AKB48の川栄李奈さん、今は女優として活躍

川栄李奈さんは元AKB48のメンバーで、AKB時代はおバカキャラとして人気者で、「めちゃイケ」ではBKA48のセンターも務めました。しかし、2014年の握手会で暴漢に襲われ骨折を負わされます。その翌年、3月にAKB48を卒業することを宣言し、8月に卒業しました。

AKB48を卒業したからは女優として活躍し始めます。憧れは大島優子さんのような女優と公言しています。また、映画監督犬童一心さんからも「スキルの高い女優さん」というお墨付きをいただいています。

川栄李奈さんの主な出演作品

川栄李奈さんは2017年からドラマ、映画の出演が急速に多くなっていて、ドラマでは「僕たちがやりました」や「アシガール」、「コウノドリ」、「崖っぷちホテル」、「夕凪の街桜の国」、映画では「亜人」、「嘘を愛する女」、「プリンシパル」、「センセイ君主」、そして2018年秋に公開される「恋のしずく」では主演を務めています。

また、来年の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の出演も決まっています。

スポンサーリンク

吉岡里帆さんと川栄李奈さん「りほりな」のツーショット


「健康で文化的な最低限度の生活」での共演

現在放送中のテレビドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」で共演中の2人のツーショットがドラマの公式インスタグラムに「りほりなコンビ 小柄な2人ですが、とってもパワフル 同世代です。現場の癒しです。ぐうかわです」とコメント付きであがり、「ぐうかわ!」のコメントが殺到しています。

吉岡里帆さんと川栄李奈さんは、今回の共演が初めてではなく、「死幣ーDEATH CASHー」でも共演ずみ。仲がいい様子が伝わってくる可愛い1枚です!!

世間の声

「あーーーやられた。。。二人とも眩しすぎるんやぁ〜」「ぐうかわえ〜!」「お二人共か・わ・い・す・ぎ」「まさに激かわコンビ!二人共に可愛い~ まよっちゃうな~」など絶賛するコメントが殺到しています。

スポンサーリンク

続きを読む
2 / 3

関連記事一覧