自炊初心者は料理教室へ行くべし!

スポンサーリンク

最初は誰でも初心者

44362557_343797222864232_8067900337692993234_n (1)

出典:@atable_junko

料理初心者さんほど料理教室で学ぶのがおすすめ!

料理教室では、食材の扱い方や野菜の切り方、下ごしらえの方法など、基本的なことからていねいに教えてもらえます。料理ができるようになりたい!と思い立っても、初心者には何からはじめたらいいのかわかりませんよね。

まずは一品、料理教室で教えてもらった通りに作ってみて、料理をするというイメージをつかんでみるといいでしょう。

また、料理教室では1回のレッスンごとに1品以上のメニューを完成させることができますから、手っ取り早く成功体験を積み重ねていけることになります。

初心者には、自分ひとりでレシピ本を見ながら作るよりずっと取り組みやすいはず。わからないところをその場で先生に質問できるところも魅力です。

料理教室を選ぶ際のポイント

料理初心者さんにこそ料理教室に通ってほしい、という話をしましたが、自分に合ったレッスンを受けるためには料理教室選びが大切になります。料理教室のコースには、プロを目指すためのコースや、資格取得のためのコースなどもあります。

身の丈に合わないレベルのレッスンに参加してしまうと、ついていくのが大変ですし、基本的な調理法などの初心者が知りたいことが教えてもらえません。

今はどこの料理教室も自社のwebサイトを持っていますから、初心者向けのコースがあるかどうかを事前にチェックしておきましょう。料理教室に通うには、時間もお金もかかるわけですから、有意義なレッスンにしたいですよね。

どんな料理教室のどんなコースに通うかを選ぶのは、そのための重要なステップです。

スポンサーリンク

料理教室に行ってみようFCFG100122220_TP_V4

コミュニケーションが大切

どんな教室に通うかが決まったら、体験教室や入会申込のために、講師の先生と顔を合わせることになります。その際に、初心者であることを自己申告して、レッスンの受け方について相談しておくといいでしょう。

初心者といっても、包丁もほとんど持ったことがないとか、カレーライスは作れるけどそれ以外のメニューはできないとか、レベルはそれぞれです。

最初に自分のレベルを知っておいてもらえると、先生もそのあたりを考慮してくれるでしょうし、その後のレッスンがやりやすくなります。

通いやすさが決め手

料理教室を決める際は、レベルや雰囲気が自分に合っているかということが最重要ポイントですが、立地条件も同じくらい重要です。

教室の場所が遠かったり、交通の便が悪かったりすると、だんだん行くのがおっくうになってしまいます。総合的な「通いやすさ」で判断してください

自分に合う教室を見つけるためには、できるだけ多くの教室を実際に見てみることがおすすめです。その下見として最適なのが、1回完結のミニレッスン。

教室によってはワンコインで受けられる体験教室などを用意していることもあるので、サイトやSNSの公式アカウントなどをこまめにチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

続きを読む
2 / 3

関連記事一覧