雨の日でも安心!部屋干しアイテムをタイプ別に分かりやすくご紹介!

スポンサーリンク

部屋干しに使える物干しざおってどんなものがあるの?

つっぱり棒タイプ

View this post on Instagram

しゅうこんぶさん(@shuconbu)がシェアした投稿


つっぱり棒を活用すると、洗面所やクローゼットなどのデッドスペースを利用して、効率的に部屋干しを行うことができます。つっぱり棒は中にバネが入っていて、一度グッと縮めてから突っ張らせることで、壁と壁の間にしっかりと密着することができます。

バネの力が働いているため、重量がかかっても落ちにくい仕組みになっているのです。商品によって耐荷重が異なりますので、洗濯物を干すのであればなるべく耐荷重の大きいものを選ぶようにしましょう。

また、あまり狭いスペースに干してしまうと、空気の通りが悪く、カビ臭いにおいの原因になってしまうので気をつけましょう。

置くタイプの物干しスタンド

View this post on Instagram

すまいるさん(@smilehome.1219)がシェアした投稿


つっぱり棒だけではすべての洗濯物を干しきれない場合は、こちらの置くタイプの物干しスタンドを使うのが便利です。突っ張り棒にはシャツなどや丈の長いものを干して、下着や靴下などの丈の低いものをこの置くタイプの物干しに干すといいでしょう。

View this post on Instagram

FavoriteStyleさん(@favoritestyle.jp)がシェアした投稿


折りたたみができるものだと、タンスと壁のすきまなどにも収納できますので、狭いお部屋でも安心です。商品によっては、ふとんや毛布も干すことが可能なものもあります。

ホスクリーン

View this post on Instagram

ちはるさん(@chi_haru_ie)がシェアした投稿

川口技研が販売している「ホスクリーンシリーズ」は、天井から物干しざおをつりさげるタイプなので、場所を全くとらずそしてインテリアとしてとてもスマートなアイテム。

使わないときには上に上がりますので、目立ちません。エアコンの前に設置すると、エアコンの風でしっかり乾かすこともできます。


スポンサーリンク

その他の部屋干し便利アイテム

衣類乾燥機

View this post on Instagram

DCMダイキなんば店さん(@dcmdaiki_nambastore_official)がシェアした投稿


こちらはアイリスオーヤマが販売している衣類乾燥機です。首が回転してくれるので広い範囲に洗濯物が広がっていてもすみずみまで風がいきわたり、洗濯物をまるで外に干したかのように自然に乾かしてくれます。

干すだけでは不安な人は、こちらの「衣類乾燥機」を使うことがおすすめです。

バイオくん

View this post on Instagram

ゆっきぃーさん(@toshi1427)がシェアした投稿


「バイオくん」は、カビを防止してくれる便利アイテムです。お風呂用とクローゼット用があります。洗濯物を洗面所に干す人は、バイオくんを洗面所に貼ってみるといいでしょう。


スポンサーリンク

続きを読む
2 / 3

関連記事一覧